歯の夢

人間の体の中で、歯はとても小さな存在ですが、それがもつ力はとても強力で、かつ重要な意味を持っています。歯はたった一本抜けただけでも、体にかなりの影響が出てしまいます。つまり、夢の中の歯は、「物事を噛み砕く大切なもの」を意味するといえます。しかし、歯が抜けることは、時として幼児の歯が生え変わる時のように、新しいものが誕生してくることも意味します。状況に応じて判断していくことが大切です。

 

 

夢のタイトル小さな歯 No.:1 掲載日:98/11/28
夢見人:佐藤 性別:女性 年齢:26歳
夢の内容

奥歯の方の歯茎が痛み(これは現実に、最近なぜか痛みあり)、夢の中で鏡で見てみたところ、奥歯の下にもう1本、小さな歯が生えていた。
判断
夢の中で歯茎が痛んでいますが、これは実際の痛みが反映されている可能性もあります。しかしもし、痛みのない時に見た夢ならば、佐藤さんは日頃の生活の中で少し我慢していることや、考えなければならないことなのに先送りにしていることがあるかもしれません。けれども、それらの問題に対して夢はもう向き合っていく準備ができたと言っています。「歯」は食物をかみ砕く力強い存在です。そして夢の中では「対処できる能力」を表わします。大きな力を持つ奥歯のほかに、さらにそれを助けるかのように小さな歯が誕生しました。これから佐藤さんは、自らの行動や言動に自信をもって突き進むことができるようになります。でも、くれぐれも頑張りすぎないでくださいね。

キラッとホワイト口コミ効果!歯科医師推奨の安全ホワイトニング歯磨き粉をお試し!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です